読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

ゆるっゆるのだるんだるん。

【実験料理日記3】ナツメグ消費〜鶏胸肉のスパイス焼き〜



みんな大好き、ハンバーグ!


お店で食べるのもいいけれど、お家でも食べたいですよね。



そこで、材料を買うわけです。

卵、パン粉、小麦粉、ナツメグ.....


f:id:wataamepeople:20170507203349j:plain



ナツメグ


皆ここで、「おや?」と、思います。

ナツメグなんて、買って使うかな...?他に何か使い道があるだろうか...。



しかし、美味しいハンバーグを作るため。ハンバーグなら、どうせまた作るし買ってしまおう!


と、買ったはいいものの.....





f:id:wataamepeople:20170507203432j:plain


使わねぇ〜!



全然使わん!!

そんなしょっちゅうハンバーグばっかり食べるかいな!


百科事典マイペディアで調べてみると、ドーナツやプリン、お肉料理やお魚料理、ソースに最適なのだそうです。お肉の臭みを消す、甘いものに使える、とは言いますが、具体的に何に使えばいいのやら。




これでは全然使わないうちに、ダメにしてしまいます.....。



「じゃあ、1度にドバっと使っちゃおうよ!」

などと思ってはいけませんよ。最悪死んでしまいますからね。


1度に生のナツメグ10gを摂取すると危険なのだそうです。ブログを見ていると、4gで意識が朦朧として危険な目にあった!という方もいらっしゃいました。胃腸を整えたり口臭に効いたり、身体にもいいナツメグですが、食べすぎは禁物です。特に小さなお子さんや妊婦さんは要注意。


特に妊婦さん、スパイスやハーブは身体によさそう、と思うかもしれませんが、多くのハーブは子宮刺激作用があるのでたくさん摂取するのは控えましょう。



なんの食べ物にしても、食べすぎは毒です。色々な食べ物を食べましょう。



一応、Wikipediaナツメグ「精神作用と毒性」の項目から引用しておきます。何かあってからでは遅いので、皆さん気をつけてくださいね。


低量では特に問題はないが、生のナツメグを多量(約10グラム以上)に摂取すると中毒症状を示す。これは、生のナツメグにはモノアミン酸化酵素阻害薬および精神活性物質であるミリスチシンが含まれているためである。ミリスチシンは痙攣動悸、嘔気、脱水症および全身へ疼痛感を引き起こすほか[4]、強力な精神錯乱状態を引き起こすことも報告されている[5]。過去には堕胎薬としてナツメグが使われたこともある。生のナツメグには、ミリスチシンとエレミシンに起因する抗コリン薬様の症状を引き起こすという症例報告がある[6][7][8]

ヒトでの死亡例は希であるが、8歳の子供[6]と55歳の大人の2件の報告がある(後者はフルニトラゼパムとの併用に起因)[9]


ナツメグ - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%B0





さて、1度に大量摂取できないナツメグ

どのように消費していきましょう?



色んな料理にちまちま使っていくしかなさそうですね...。

とりあえず、お肉料理を作る度にナツメグを入れてみたいと思います。


たくさん入れすぎなければ、気になるものではありませんしね!



というわけで、

f:id:wataamepeople:20170507212244j:plain

鶏胸肉にナツメグを使います。


まず、鶏胸肉を薄く切ります。できるだけ、繊維を断つように。

(写真の鶏胸肉が部分的に白くなっていますが、電子レンジの解凍機能を使ったためです。)


f:id:wataamepeople:20170507212547j:plain

フォークで滅多刺しにします。これは、後でお肉に水分を吸わせるためです。本当に効果があるのかはわかりませんが、気分的に毎回やっています。


あと、今回は忘れましたが、お肉を包丁の背で叩きまくってのした方がよいでしょう。なぜそんなことをするのかは忘れましたが、叩いた方が繊維が解れたり平たくなって火が通りやすくなったりするのではないでしょうか。


それから、お肉をビニール袋に入れて、下味をつけます。

今回使ったのはこちら。(と塩)

f:id:wataamepeople:20170507212827j:plain

なんでもいいんです!適当!

酒、塩、胡椒、パセリ、生姜、ナツメグバルサミコ酢、粉チーズです!


美味しいかはともかく、不味くないという確信はあります。


それらをお肉に揉みこんでから、小麦粉をまぶします。鶏胸肉はパサつきやすいので、粉をはたいてから焼いた方がジューシーに仕上がっておすすめですよ。今回は、賞味期限切れだったパン用強力粉を使用。

f:id:wataamepeople:20170507213312j:plain

手が滑って、真っ白になりました。



f:id:wataamepeople:20170507213453j:plain

次に焼きます。オリーブオイルをしいたフライパンを弱火で加熱。

横に見える雪平鍋には、アップルティーが入っています。お茶を1ℓ作りたかったのですが、大きなやかんがないので、お鍋で代用したのです.....。お恥ずかしい。



f:id:wataamepeople:20170507213709j:plain

それから、お肉を並べます。見た目が悪くなるので何度もひっくり返さず、最低限にしましょう。皮もカリカリに焼いてみました。油はねにご注意。


裏表焼いてできあがり。


f:id:wataamepeople:20170507214219j:plain

見た目はそこそこですが、いいんです。わたし1人しか食べないのだから。



いざ、尋常に勝負。


f:id:wataamepeople:20170507214443j:plain


食感は悪くありません。小麦粉がこんがり焼けてサクッとしています。

お肉も、鶏胸肉にしてはジューシー。もも肉よりたんぱくな味でいいですね。最近わたしはもも肉より胸肉が好きです。女の子も、ももより胸が好きです。突然の告白、失礼致しました。ちなみに当方女です。


お味もまあ良いでしょう。唐揚げに近いです。ややスパイシー?という程度で、それほどクセはありません。下味しかつけていないので、塩、ケチャップ、ソースなどをかけるとよいでしょう。


バルサミコ酢は必要なかったかもしれませんが、爽やかさと風味をプラスしてくれたように感じますね。穀物酢よりもまろやかなお酢ですから、酸っぱくて仕方ない!お酢の主張が強すぎる!ということもありません。




実験料理としては着想に面白さがありませんが、まあまあ成功といえるでしょう。

ナツメグ、これからも使お!

ごちそうさま!




【追記】

ナツメグに「胃腸の整理をする」効果があると書いたのに、胃腸がゴロゴロするしガスが溜まって仕方がありません。

ナツメグ、お前のせいなのか。