雑記日記

思い出すことなど。

ヤマザキナビスコ「リッツ保存缶」を食す。

非常食シリーズ第2弾


f:id:wataamepeople:20171214014508j:plain


リッツ…?


f:id:wataamepeople:20171214014712j:plain


り、


f:id:wataamepeople:20171214021744j:plain


リッツ…!!


f:id:wataamepeople:20171214014026j:plain


リッツ!!

ヤマザキナビスコのリッツ!!!!


会いたかったよーー!!




ご存知でしょうか。

ヤマザキナビスコのリッツは、この世にもういないということを……。


なぜなら、ヤマザキナビスコは、リッツを作るのをやめてしまったからです。


「あれ?でもスーパーには売ってるよ?」と思った方。

おっしゃる通り。売っています。


しかし、ヤマザキナビスコではなく、他社が買い取って作っているリッツです。


それが、こちら。

f:id:wataamepeople:20171214015023j:plain


なまっ白い。

モンデリーズ・ジャパンで一生懸命新リッツを作っていらっしゃる方には申し訳ないのですが、不健康そうです。あと、味もちょっとのっぺりしていて、科学っぽい不自然な味です。リッツの特徴だった、表面の塩もありません。食感も、旧リッツよりサクッと感がありません。

ヤマザキナビスコの旧リッツの方が、おいしいです。



以下、モンデリーズ・ジャパンのリッツをはじめて食べた時のわたしの感想を引用します。


ヤマザキのリッツは、こんがりしていて見るからに美味しそうだった。

そして香ばしく豊かな風味があった。香りを嗅ぐだけでハッピー、そんな感じである。しかしモンデリーズ・ジャパンのリッツはこれだ。なまっ白い肌、のっぺりした味。それっぽいんだけどコレジャナイ感――。

私は絶望した。〉



絶望していますね。

どれだけショックだったのか、お分かりいただけたでしょうか。


これは、「最近はだめだね。昔は良かった」という、古参特有のアレではありません。わたしなりに、わたしの舌でしっかりジャッジしました。


本当に、あの味がもう食べられないなんて、悲しくて仕方なかったんです……。



さて、そんなわけで今回いただくのは、

ヤマザキナビスコ株式会社

「RITZ CRACKERS リッツ保存缶」

です。5年保存できます。


保存缶なので、旧リッツ製造が終わってしまっても賞味期限内です。

この日(非常事態)が来るまで、大事に取って置きました。これぞ「とっておき」!


f:id:wataamepeople:20171214015653j:plain


13枚×3パック入

(44g×3パック=132g)


f:id:wataamepeople:20171214020048j:plain



おおお!茶色い!こんがりと!している!

この小麦色、まさに旧リッツ……!


f:id:wataamepeople:20171214020145j:plain


おいしそう……!もう1度旧リッツを食べられてよかった……!


香ばしい味、サクサク小気味よい食感、やっぱり旧リッツです!わーい、うまい!


でも、少し新鮮さがないかもしれないです。香りもあまりしません。気のせいかもしれませんが、保存缶バージョンだからかもしれませんね。



1パック13枚、即完食してしまいました。

何も付けず、プレーンのままです。

やっぱり、ヤマザキナビスコのリッツは美味しいなぁ。幸せ!



あと、非常食シリーズ第1弾(前記事)同様、お水が必要でした。口の中がパサパサになります。なんてったって、保存食ですから、当たり前ですね。




後継商品の「ルヴァン」もおいしいし、味はリッツに近いのですが、この食感はリッツだけなんですよね……。


やっぱり、旧リッツを再現したレシピを開発するより他ないですね。




まとめ

・旧リッツは保存缶になっても美味しかった。

・サクサク、香ばしい、最高。

・保存食もいいけれど、お水を備蓄しよう。