雑記日記

思い出すことなど。

「用事がないと人に連絡できない」症候群



用事というほどの用事はないけれど、

友達や家族、恋人が連絡をくれたら嬉しいですよね。




でも、わたしは用事がないと連絡できないんです。

こういう人、少なからずいますよね。



そもそも、何もないのに連絡するという発想がないんです。思いつかないんです。




まれに、「このこと、〇〇ちゃんに話したいな!」と思っても、


頭の中で


《いんや、わいに突然メールされても気持ち悪くなるだけだ。やめときやめとき!!!!しない方がいいよ〜元々好かれていない方なのに余計嫌われるよ〜相手が可愛そうだよ〜。余計なことをしなくていいよ〜》



という声がします。



同時に、


『そんなのは被害妄想だ。相手がわたしのことを好きじゃなくても、メールをもらえば嫌な気はしないだろう。

そこは変なプライドや恐れを捨て、好かれる努力をするところだろうが。だから友達が少ないんだ。相手の喜ぶことをしようと努力するのはコミュニケーションの基本だろうが!この自己中野郎。自分が傷つくのが怖いか、面倒くさいだけでしょうがー!!!!』


という声もします。




結局、前者の言うことを聞いてしまいます。

自分に自信がないんですな……



いい歳なのだから、できるだけ『』の言うことを聞いていかないといけませぬな……


友達100人つくりたみ。